猿でもできるマイクラ開発-ハローワールド編

2019年5月23日

1: はじめに

おいっす。今回はマイクラのプラグインの
チュートリアル的ななんかやろうと思う。

これ見ればとりあえず適当に動くプラグイン作れるようにする。

2: HelloWorld is 何

こんにちは世界?????ってなんぞや。
これはプログラミングの世界のチュートリアルで、
HelloWorldとコンソール(通称:黒い画面)に出すというのが
お決まりのパターンなんだよね。

3: こんにちは世界

今回はサーバーのコンソール(黒い画面)に出すプラグインを作るよ。

IntelliJを開いて、この画面にしてね。

+ Create New Projectボタンを押したら、こんな画面になると思う!

左側のバーの真ん中ぐらいにある、Minecraftをクリックしよう。

するとこんな感じになると思うんだ。

そこで止まって。
上の方のProject SDKの設定方法を教えるから。

Project SDK: の右直線上にある New…ボタンをクリック。

するとこの名前の画面が出てきて、
JDKのフォルダを選択する画面に行くと思う。
(本来はこの下にフォルダの表示が出るが、プライバシーの都合上カット)

JDKのインストール場所を変えてない場合
C:\Program Files\Java\jdk-○○.○○ (○○はバージョンにより変動)
というフォルダがあるはずだ。

それを選択し下の方のOKボタンをクリックでJDKを追加できる。
今回はJDK12を追加してみた。

すると追加したJDKが上の方に表示されているのが分かる。
(この場合だと、12(javaversion “12.0.1") だ。)

その後下のチェックボックスの Spigot Plugin を選択し
右下のNextをクリック。

するとこのような画面になると思う。
何もわからない場合 以下のように入力してほしい。

できたら、Nextボタンをクリック。

するとこんな感じの画面が出てくるはずだ。
変更するべきなのは1つ。
右側の Minecraft Versionだ。
もし、猿でも分かるspigotサーバー構築を終えた人なら
そこで入力したサーバーのバージョンをここで入れてほしい。
(最新版だとアップデートが追い付かなくて、入っていない場合もある)

僕は試しに1.12.2を選択した。

選択し終わったら Next。

いよいよ最後だ。プロジェクトのフォルダ名を決める。
もし何もわからないなら 以下のように入力してほしい。

終わったら、Finishボタンを教して数秒~数十秒待とう。

このような画面になったら作成終了だ。
右下の「Maven projects …」が出たら、
Enable Auto Importをクリックしてほしい。
押せば、右下から消えるはずだ。

この画面になれば、いよいよプログラミングの開始だ。

とはいっても今回はチュートリアルだ。
プログラミングする感覚だけつかんでもらえればうれしい。

4: Javaの基礎

Javaの言語の仕様について軽く教えよう。
Javaは「オブジェクト指向」という形式のプログラミング言語だ。

オブジェクト指向とは何かを説明するだけで記事が10個近く書けるので、
それは追々やるとして。

Javaのルールを教えよう。
Javaは基本文末に;(セミコロン)が入ると思ってほしい。

IntelliJでこのエラーが出たら、セミコロン忘れだ。覚えてほしい。
また、

このように、セミコロンが灰色になった場合は必要ないので消して大丈夫だ。
またもっと言えば

間違えた場所にセミコロンをつけると、エラーが出る場合がある。
基本的に文末には必要だが、必要ない場合、絶対につけてはいけない場合
があることも覚えておいてほしい。

次、プロジェクトのjar化についてだ。
Javaはコードから.jarなどの実行できるファイルに変える際、
コンパイル(ビルド)という、ざっくりいうと
英語や日本語の羅列を 機械が分かる言語に翻訳する
という作業が必要になる。

所要時間はプロジェクトの大きさやPCスペックで大きく変わるため
具体的には言えないのだが、HelloWorldプラグインの通常ビルドは
長くても1,2分で終わると思う。(初回ビルドは通常より多少時間がかかる。)

次、プログラムの書く場所だが、
これもまたレクチャーすると1,2個記事が書けるので
今後のお楽しみにしたいと思う。

そして最後、今回使うコードだが、

getLogger().info("Hello World!!");

これのみだ。
このコードは、spigotのサーバーのコンソール(黒い画面)に
Hello World!!と表示するためのコードだ。
Hello World!! の部分を変えれば別の言葉を出すこともできる。日本語も可だ。

なお、Hello World!!の両端についている (ダブルクオーテーション)だが、
これは""の中身はプログラムのコードではなく、文字列だよと教える
おまじないみたいなものなので、絶対に消さないでほしい。

では、いよいよ作成とビルドをしよう。

5: 踏みだせ!プログラミングの森

IntelliJを開き、この画像の場所を見てほしい。

ここまでちゃんとできているなら、このような画面があるはずだ。
そうしたら、9行目の // Plugin startup logic の右で改行をして、
10行目を空白にしてほしい。

うまくいけばこのようになっているはずだ。
次に、このコードを今空白にした10行目にコピーアンドペーストしてほしい。

getLogger().info("Hello World!!");

成功すれば、このようになっているはずだ。
もし、赤い線が引かれていたり、灰色になった場合は下の
5-α: 困った場合を見てほしい。

実は、これだけでもうHelloWorldは終わりなんだ。
次はビルド、つまりjarにする作業が必要なんだ。

IntelliJの右上を見てほしい。

こんなのがあると思うんだ。
そこの Add Configuration… をクリックしてほしい。

何やら新しいウィンドウが開いたと思う。
これはビルドするときの設定をいじるウィンドウみたいなものだ。
左上の ▶ Maven をクリックしてほしい。

このように HelloWorld-spigot build と出るはずだ。
それをクリックしてほしい。

すると設定画面が出てくるが、無視して右下の OKボタンをクリック。

すると右上の表示が先ほどと変わると思う。
上の画像のような表示になったら、緑色の ▶ ボタンを押して、ビルドしよう。

下の方になんかいろいろ出てきたと思う。
それが静かになって、最後に

BUILD SUCCESS と出ていれば成功だ。
以下の手順でjarを持ってこよう。

▶ HelloWorld-spigot …をクリック。

その後 ▶ target をクリック。

下の方にある HelloWorld-1.0-SNAPSHOT.jarを
猿でも分かるspigotサーバー構築で作ったサーバーフォルダの
plugins内に入れる。

その後、サーバーを起動してみてほしい。

最後の方に [HelloWorld] Hello World!!
と出たら、おめでとう。君はHelloWorldを作り上げたようだね。

もし出なかった場合は、もう一度プロジェクトの作成から
やり直してみてほしい。プラグインのバージョンが間違ってるかも?

5-α: 困った場合

・なんか灰色の場合

logic と getLogger()の間で改行をしよう。
そして改行ができたら左側のダブルスラッシュを消そう。

こうなればOK!

・赤い線が引かれた場合

場所が違うと思うよ。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-65.png です

この位置になるようにもう一度張り付けしてみてほしい。

6: 終わりに

HelloWorld、お疲れ様。
次はおそらくJavaの基礎講座だろうね。
ぜひぜひ。

前: 猿でも分かるspigotサーバー構築
次: 猿でもできるマイクラ開発-コマンド編